So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

-  |  次の10件 »

新旧X-BLADE比較 RZ300とVI-R300

ラウンド形状のブリヂストンXブレードはRZで4機種目です。

1.VX-R300 2.VI-R300 3.RZ300を購入しました。

RS300を買わなかった理由はVI-R300でかなり満足していたからで、RSが悪いからではありません。

miniDSC01589.jpg

VI-R300はX-BLADE完成形ともいえる究極の剛性力を持ち面ブレがしない鬼ラケットです。

どんなスピードボールでも合わせるだけで良いボールが飛んでいきます。

スピード&パワーは申し分なく、特にハードコートでの使用に強さを発揮していました。

しかし、なかなかハードな打球感であること、コースを狙うコントロール性能には多少の不満がありました。

そんな中、ブリヂストンから新しいRZ300というラウンド形状ラケットがこのタイミングで発売されたことに全員が驚いたと思います(RS販売されて約1年でしょ?)。

これは相当良いラケットができたので、急遽販売しよう!ということではないかと思ったからです(笑)

DSC03383_R.JPG

開発コンセプトが良い点を生かしつつも、デメリットを改善し、「打ちやすさ、快適さ」を追及したのがX-BLADE RZ300ということです。

RZ300の3つのポイントが以下です。

1.Xブレード製法の100インチ中厚ラケット 
2.ボールを掴んで思い通りに狙える高いコントロール性能
3.快適な打球感と振動抑制

個人的には2の項目がVI-R300の弱点であり改善を期待した部分です。

VI-R300とRZ300を比較して、間違いなく高いコントロール性能を実現していました。

サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュすべてのショットでコントロール性能が向上しています。

球離れが速いVI-R300に比べて、スピード的には劣ります。

しかし、厚く面に当てれば、一瞬の食い付きで回転量が増量し、どこにでも落としやすいという特徴を感じました。

ムーンボール、スピンロブはどんな場面でも打ちやすいので、ダブルスのポーチ対策に効果的です。

VI-R300に比べてワンテンポ遅く弾くので、時間的に余裕が生まれるのでどこにでも狙いやすい。

この余裕があるからか、しっかり意思と力をボールに伝えやすく感じています。

ボールの飛んでいく音(シュルシュル~)とウネリをあげ、なんか威力が増してるように感じましたが、回転量が増してるだけで威力はVI-R300が上でしょうね。

VI-R300の剛性力はそのまま残してるので、ストローク戦で打ち負け感はありません。

打感を比較すればRZ300の方が柔らかいのかも知れませんが、非力な方が使うと打感が重いと感じる人がいると思います(ゆっくり振っても乗るので)。

しかし、RZ300の打ち味はVI-R300と基本は同じでしたので、違和感まったくありませんでした。

その反面、タッチ系のショットも断然やりやすくなっており、自由自在にボールをコントロールできそうな感覚があります。

それにライジングは最高に打ちやすい!(スイートスポット凄い広いはず!軽やかに飛んでいく)

どこに当たっても飛びますが、VI-R300と形状比較すると幅は同じだけど少し縦に長いからか、面の先側で当たってもしっかり飛びます。

DSC03381_R.JPG

パワーがあるのに高いコントロール性能という美味しいところが両立した究極のラケットに仕上がってるように感じました(笑)

一撃の威力はVI-R300の方が高いと思いますが、全てのショットでコントロールが効くRZ300です。

結論ですが、RZ300の正体はVI-R300の進化系であり、本当の意味で完成形X-Bladeです。

そしてデザイン性も向上したことで、コートに行きたくなります。

だって、RZ300と一緒ならテニスが楽しい!!

ボールを操れる感覚があるのでエンジョイできるんでしょうね。

ダブルス向き、オールラウンダー、ピュアドラ好きだけどコントロールが難と感じる人には最適なラケットだと思います。

VI-R300もいいんですが、毎回ドカンドカン打つテニスに飽きたからRZ300で変貌自在なテニスで楽しみたい今日この頃です。

ラケット代えるとテニス変わりますね。


ブリヂストン テニスラケット エックスブレード RZ300 BRARZ1 X-BLADE RZ300 BRIDGESTONE

価格:24,750円
(2019/10/18 12:12時点)
感想(0件)









共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

X-BLADE RZ300初レビュー

試打なし、いきなり2本注文したX-BLADE RZ300が届きました。

それも2本ともロング加工しました(重量305g バランス325 スウイング重量295)。

DSC03379_R.JPG

すぐに素振りしてみましたが、明らかに振り抜きがいいですね。

色もデザインも良いので持ってるだけでテンション上がります。

ガットは愛用しているトアルソンのプロフォーカス1.25を48ポンドで貼りました。

早速オンコートでショートラリーしてみましたが、一瞬グっと来ますので、当たりが重く感じます。

DSC03377_R.JPG

ロングラリーで打つと掴む感じは一瞬ありますが、軽快に飛び出すので重さは気になりませんが、打球感がマイルドだとは思いません。

X-Blade従来受け継ぐ、ガツンとした角を感じるハードな打球感が残っていました。

個人的にはハード過ぎるので、ノーマル状態では使えないかも!?

いつものように衝撃吸収に優れた元グリップへ交換すると思います(慢性テニス肘のため)。

しかし、このノーマル状態で素晴らしいのがドロップショットなどの強弱を使うテクニック系ショットです。

手の平で打つてるかのように、自由自在にボールを操れる感覚がありました(角を感じられるからこその繊細なタッチ感)。

300グラムでも操作性は抜群に良いです。

ストロークでは、明らかに球離れはVI-R300より遅いです(確実に違いがわかりました)。

宣伝文句の「ズッ・ドーン」というのがRZ300です!

一瞬ガットが撓んでいるんでしょう。。。

ラケットがしなった感じのVX-R300の持つ感じとも違います。

デュアルコイルSPT300のガットにベチャとまとわり付く感じとも違います。

まさに「ズッ・ドーン」と爽快に飛んでいきます。

この「ズッ」はフルスイングした方が感じやすく、そしてパワーが伝え易く感じました。

「ドーン」行くボールはムーンボールの軌道が得意なスピン系です。

フラットよりもスピンで打つ方が持ち味発揮すると思います。

一瞬つかんでる感覚があるので、コントロール性能は断然あがりました。

コースも打ち分け易いのは勿論ですが、サービスラインのギリギリを狙える距離感も感じられたことに驚きを感じました(もうこの時点でメインラケット決まり!)

ボレーに関しても一瞬ですが面に乗る感覚があるので、コースを狙いやすいです。

もちろん中厚ラケットのパワーもあるので相手の嫌なコースにスピードボールが行きました。

個人的にはバックボレーが楽に飛ぶので、守備がよくなりました。

最後にサーブですが、回転すごく掛けやすいです。

そしてコースの狙い易さもあり、多彩なサーブを実現してくれます。

センターのラインとか狙える気にさせてくれたラケットはRZ300が初めてです(笑)

DSC03384_R.JPG

コントロール性能が非常に高いパワーラケット!

ブリジストン史上、最高傑作じゃないでしょうか?

デザインもカッコいいし、長く愛用できそうです。

ブリヂストン テニスラケット エックスブレード RZ300 BRARZ1 X-BLADE RZ300 BRIDGESTONE

価格:24,750円
(2019/10/18 12:12時点)
感想(0件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

これぞ本命!X-BLADE RZ300

まさか中厚X-BLADE をもう1機種増やすとは誰も想像しなかった。

X-BLADE RSとは違う柔らか中厚のX-BLADE RZシリーズが発売されるそうです。

これ間違いなくデュアルコイルSPTシリーズの後継コンセプトでしょう。

中厚なのに食い付く打感を得られたデュアルコイルに手にやさしいセプトンを搭載したデュアルコイルSPT300は未だに手放せないラケット。

今のメインはVI-R300だけど球離れが早いのでコントロールに少し不満がある。

それでボールが遅いコートではSPT300を使い続けています。

一瞬つかんで飛び出す感覚があるとないとでは大違い。

何度もBXシリーズ(BOX形状)にしようかとも悩んだがパワーも欲しい。

食い付きとパワーもあるラケットというのはなかなかあるようで無い。

唯一、デュアルコイルSPT300がこの理想に叶った1本だったが。。。

やっと後継ここで出た印象のX-BLADE RZ300、これは試打しないで予約する。



もうここまでブリヂストンばかり使ってるとわかるんですよw

本命まちがいなし!!

ブリヂストン テニスラケット エックスブレード RZ300 BRARZ1 X-BLADE RZ300 BRIDGESTONE

価格:24,750円
(2019/10/18 12:12時点)
感想(0件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

失敗しないチャンスボールの打ち方

チャンスボールを決めれない病に罹っていました。。。

しかし、考え方を変え、打ち方を変えるだけでチャンスボール決めれます!

その答えはこの動画にあります。



1.高い打点で打つ

2.トップスピンで打たない。サイドスピンで打つ。

3.体を横に逃がす。

この3つを頭に入れて打つだけで面白いようにチャンスボールが決まるようになりました。

共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

お気に入りポリガット+X-BLADE VI-R300

お気に入りポリガットであるトアルソン・ポリグランデ125㎜をX-BLADE VI-R300に張りました。

これが本命のセッティングなので、早速インプレしたいと思います。

【エントリーでポイント5倍!お買物マラソン期間中】[ブリヂストン テニス ラケット]エックスブレード ブイアイアール 300/X-BLADE VI-R 300(BRAV64)

価格:14,904円
(2018/4/18 10:20時点)
感想(0件)




現在のメイン機種がVX-R300(ブラック)にトアルソン・ポリグランデ125㎜です。

打感はもうほとんど変わりません。

VI-R300は多少、カンカンと金属音がするようになった。

若干Vi-R300の方が飛んで弾きが良い印象があった。

後、先端に当たった時の打感&飛びが優れている。

全てのショットでパワー若干、増している気がする。

<ストローク>

相変わらず無造作に何も考えずに振り回しても入る。

回転量が増してるが、スピンを欠け損なうと飛びも増してるのでアウトする。

面が更に安定しているのでコントロールはしやすくなった。

特にVI-R300の方がバックハンドのスライスのコントロールが良く、打ち易い。

伸びがよくなってるので、滑らすスライスだけはオーバーすることが多く調整が必要。

X-blade独自の玉乗り感というのは感じられず。。。

玉乗り感が無いのにコントローラブルという不思議な感覚。

メーカーの説明では剛性力が高いのでブレ難い。

だからコントロールがし易いということらしい。

しかし、相変わらずスピンは打ち易く高弾道で攻めれるラケット。

回転の高低のコントロールも自由自在。

スピン・ロブを打ちたくなる。

<ボレー>

ポリに替えても、パワー&弾きが強く感じる。

面を作って合わせるだけで良いボールが行くので、素直に合わせるだけ。

確実にVI-R300の方が安定したボレーが打てる。

<サーブ>

回転量が上がってるのでセカンドサーブがよくなった印象。

凄く打ち易くなってるので、サーブが楽しみ。

<ナイロン&ポリの比較>

どちらも打ち易いが、ポリにしたら更に安心して叩けた。

ストロークで攻撃的に攻めるならポリを選択。

ダブルスでボレーで決めるならナイロンを選択。

個人的にはストローカーなので、ポリに決めた。

若干、ラケットが軽すぎるので12グラム~20グラム増量する予定。

変更後…12グラム増量後、スピンの回転量が増して、ボールに迫力が出た。振れるならトップ&サイドを重くした方が良い。これはメーカーも推奨している。

ラケットの硬さは確かに固い。

手に響く感じもあるので、ノーマルの使用は避けたい。

やはり柔らかくするには元グリップをクッション性の高い物に代える予定。

変更後…ソフトな元グリップを替えたことで、簡単に硬さが半減した。

今回、X-BLADE VI-R300にポリグランデ125㎜を45ポンドで張ったが、硬さが消えたので、次回は48ポンドに上げて張るかな。

飛びが良いのでもう少しコントロール性を重視したいから。

試打もしないで購入したX-BLADE VI-R300は結局のところ大当たり。

前モデルのVX-R300をスケールアップしたX-BLADEの完成形ですね。

VX-R300ではやり難かったドロップボレーが。。。

VI-R300ではやりたくなるぐらいタッチ感がいい!

速攻でメインラケットになりました。

デザインさえ良ければ100%満足ですw

【店内最大3000円クーポン】BRIDGESTONE(ブリヂストン)「X-BLADE VI-R300(エックスブレードブイアイR300) BRAV64」硬式テニスラケット【KPI】

価格:14,900円
(2018/4/18 10:21時点)
感想(0件)









共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

X-BLADE VI-R300インプレ

X-BLADE VI-R300を購入してから3か月後にやっと試打できました。

試打しないで、いきなり3本をロング特注で買ったんですよね。

miniDSC01589.jpg

最近テニスをする機会がなくて。。。

久しぶりなのでX-BLADE VI-R3001本だけ持ってコートに立ちました。

セッテイング:X-BLADE VI-R300(0.25mmロング加工)ガット:XR-3 1.30mm

前作のVX-R300とほぼ同じ打ち味で、全く違和感はありません。

乗り換えはスムーズに行きました。

違いを感じたとすれば、しっかり感が増してラケットがしならないイメージです。

VX-R300に比べてVI-R300はブレが少なく、何でも弾き返す感じ。

そして飛びも良くなった。

ラケットにパワーがあるし、先端部分に当たってもしっかり飛んだ。

また相手の強いボールに力負けしないので、個人的にはVI-R300の方が守備面は断然いい。

ボレーも飛びが良くなった分、個人的には合わせるだけで良いボールになってる。

しかし、VI-R300はしなりが感じられないので硬く感じたが。。。

miniDSC01587.jpg

よく考えてみればVX-R300の時も同じように硬く感じて半年ぐらいデュアルコイルから移行できなかったな。

それに比べたら嫌な硬さではないけども。。。

これはやはり個人的には好きではない(手に響く感覚)。

なので、前作同様にソフトな元グリップに代える。

後は、300グラムでは若干軽すぎるので、鉛を15グラム前作同様乗せる。

ナイロンガットのXR-3との相性はかなりよく、冬場はこのセッティングでOK。

ハードに打ち込んでも吹ける感じはしない(飛び過ぎも心配ない)。

でも叩くならポリの方がよりマッチングが良さそう。

現在メインで使用してるポリのポリグランデで次回試す。

肝心なVI-R300に替えてパフォーマンスは向上したのか?

答えはYES。

メーカーが謳う、完成系X-BLADEというの嘘ではない。

miniDSC01588.jpg

VX-R300をより一層グレードアップした。

特に気に入ってるのがサーブ。

より回転が掛けやすくコートに納めやすい。

前作よりダメなところはデザイン。

個人的にはダサいと思うし、これじゃ売れない。

でも売れなくていいやw

完成系X-BLADEは中身であり、振り抜きが向上してとても打ち易い。

X-BLADEの新作RSが喰い付くと言われてるから、軽快な弾き感が欲しいならVI-R300でしょ。

こんな剛性力ある鬼のように弾き飛ばしてくれるラケットは他の黄金スペックではない。

ここはピュアドラより上で、X-BLADE VI-R300最大の魅力。

2~3本追加注文を検討中(まじ気に入った!!)

【店内最大3000円クーポン】BRIDGESTONE(ブリヂストン)「X-BLADE VI-R300(エックスブレードブイアイR300) BRAV64」硬式テニスラケット【KPI】

価格:14,900円
(2018/4/18 10:21時点)
感想(0件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

テニスを楽にゆっくりプレーするときのセッティング

冬になると急にメンバーが来れなくなるケースが発生する。

風邪を引いた、足が釣った、手が痛い、寒すぎ!!

まあ理由は色々ありますが、ピンチヒッターとして駆り出されることが多い。

ただ、ピンチヒッターに行った先が女ダブ専門の所だと神経を使うw

とにかく打ち込んではいけないからだ。

振り回すテニスなんてしようものなら浮きまくる。。。

こういう時は合わせるのが賢明。

ゆっくり振って、スピードよりコースを狙うテニスをする。

こういうテニスではXブレードよりBEAM-OS295が武器になる。

miniDSC01552.jpg

ゆっくり振っても良いボールが飛んでくれるし、当てるだけでもしっかり飛ぶ。

合わせるテニスをするなら最強じゃないかと思う。

ボレーなんか当てるだけで深い良いボールが行くし。

ハーフボレーでも何でも拾いまくれる。

女ダブに入っても違和感なくプレーできる。

スピンからスライス多様するようになったらBEAM-OS295に代えるかな。

これにナイロン(NRG2 132mm)張れば手にまったく振動が来ないので激寒の時期でも安心。

mini_DSC00011.jpg

振ってもぶっ飛ぶ感じはあまりないので、まあ許容範囲。

スライスが打ち易いので気持ちよくラリーができる。

テニスを楽にゆっくりプレーするときのセッティングとしては本当に最高。

打ち込むテニスがしんどくなって来たらこういうラケットに移行するんですね。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビーム オーエス 295(BEAM-os 295) BRABM1

価格:24,190円
(2017/7/11 19:27時点)
感想(1件)



共通テーマ:スポーツ | nice!(4) | コメント(0) | 編集

ブリジストンVX305インプレ

ブリジストンの安売りが始まったので、ラケットを新調します。

現在使っているVX-Rはラウンド形状なので、後継機のVI-Rを買いますが。。。

本当はVI305のボックス形状のが合ってるんじゃないかという疑問も。

そこで、奥さんのVX305を本気で試打することにしました。

VX-Rラウンド形状とVX305ボックス形状の違い

打ち味というか、打感はXブレードなので似てる。

似てるんだけど、VX305の飛びは弾道が低くめに飛び出す。

というのはフラットで打ちたくなるフィ―リングがあるのが特徴かな。

スピンはVX-Rラウンド形状に比べたら掛けにくいという印象(かからない訳ではない)。

ということで、スピンで攻めるならVX-Rラウンド形状、フラットのスピードボールで攻めるならVX305ボックス形状を選べばいいと思う。

それほど違和感を感じることなく打てた。

私の場合、VX305ボックス形状を選んだらガットはナイロンを張る。

なぜなら飛びが劣るので、もう少し飛距離を出したいから。

そうすると非常に手に優しいセッティングになる。

まったく嫌な振動も来ないので、肘に不安がある冬場はVX305ナイロンでいいかも。

スライスも打ち易いし、力も必要とせず合わせて楽にテニスができた。

ただ、他のボックスのようにしならないし、乗る感覚もあまり感じられなかった。

ボックスでも、ややラウンドよりの打ち味なのだと思う。

それなりにパワー(ラウンドに比べたら抑え気味)もあるが、そこを求めるならVX-Rラウンド形状でポリを張るべき。

私はまだそこを求めるので、次期ラケットはラウンドのままで行きます。

VX305もブリジストンのラケットらしく振ってしっかり真ん中に当てれば、コートに入ってくれる。

とにかく難しく考えずに無造作に振っても収まってくれる。

自分が使い易いラケットメーカーであり、今はXブレードなんだというのを再認識できました。

ということでX-blade VI-R300を注文しました。

[ブリヂストン テニス ラケット]エックスブレード ブイアイアール 300/X-BLADE VI-R 300(BRAV64)

価格:14,904円
(2017/12/24 02:00時点)
感想(0件)



共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

いよいよX-BLADE VI-R300を購入か?

年末のタイミングでX-BLADE VI-R300が半額になりましたね。

[ブリヂストン テニス ラケット]エックスブレード ブイアイアール 300/X-BLADE VI-R 300(BRAV64)

価格:14,904円
(2017/12/24 02:00時点)
感想(0件)




X-BLADEの完成系ですから期待しちゃいます。

悩んでる暇はありません。

もう買う気まんまんですw

久しぶりにデュアルコイルSPT280を打ったんですが、これもX-BLADEの中厚と同じ打ち味。

多少飛びがいいですが、違和感はまったく感じない。

ただ軽いのでパワーがいまいちボールに伝わりにくい。

やはり重さは300g以上は欲しいところ。

ただ、タッチ系の小技はラケットが軽いとやり易い。

ぶん回すなら重い方が迫力あるボールが行くけどね。

X-BLADE VI-R300はもう試打しないで買うと決めてたから買いますよ。



過去最高のX-BLADEはブレが無くしっかり打てそう。

剛性力が増してるところに期待。

半額なので買いやすいです。



[ブリヂストン テニス ラケット]エックスブレード ブイアイアール 300/X-BLADE VI-R 300(BRAV64)

価格:14,904円
(2017/12/24 02:00時点)
感想(0件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

やはりブリジストンのラケットが好き

ヨネックス、スリクソン、ウイルソン、バボラを使いましたが。

結論としてブリジストンのラケットに戻ります。

なぜ?そんなマイナーなラケット使ってるのと言う質問は無用です。

もう理由なんてないぐらい相性がいいとしかいい表せません。

万年テニス肘の私が安心して使うことができるラケットです。

振動が来ないとか、いろいろあると思いますが。。。

流石にポリを3ヵ月張り続けてブリラケ使うと振動めちゃ来ますよw

まあ人によって好みと求めるものが違いますので、無理してマイナーなラケットを使う必要はないと思うんですが。

あまりに売れないと撤退してしまうかもしれません。

数年前までテニスシューズ作ってたのに売れなくて止めましたからね。

この記事を読んだ人は、一度でもブリジストンのラケットを使ってみて欲しい。

日本でしか販売していない日本人専用ラケットがどんなものか!

まず、基本は既に10年近く販売を続けているデュアルコイル300をお勧めします。

【SALE】ブリヂストン[BRIDGESTONE] 硬式ラケット デュアルコイル300(ウインザーオリジナルカラー)2016年

価格:9,800円
(2017/9/14 17:06時点)
感想(0件)




ピュアドライブに似た厚ラケで、重さ300gでバランス320㎜ですが。

なんと言っても、厚ラケなのに喰い付きが良いので容易に潰せる感覚が味わえる。

振れば振るほど潰れる感覚を得られるので、ガンガン振っていける。

この感覚はストロークだけでなく、サーブでも顕著に感じられる。

打ち込みたくなるので、打てば打つほどサーブが楽しい!

それなのに新品が1万5千円以下で買えるところも良い。

テニスを始める男性にお勧めしてるw

このデュアルコイルの進化系が中厚Xブレード。

2012年に初めてXブレードとして中厚ラケットが販売されました。

デュアルコイルと何が違うかというと。

基本は同じだと考えてもらっていいです。

同時に発売されたカルネオシリーズはデュアルコイルとは違います。

後継はXブレードVX-Rでした。

ただ、違いは多少ありますので説明すると。

XブレードVX-Rはデュアルコイルと打ち味は似ていますが、しっかり感がXブレードにあります。

特に押された守備面で、威力を発揮します(メーカーは剛性力と言ってます)。

シャフト部分が非常にしっかり作られているので、相手の強力な攻撃に当てるだけでも耐えて、返ってくれるのが特徴です。

なのでブロックボレーがコントロールしやすくビックサーバー対策に有効です。

打感は似てるのですが、Xブレードの方が硬く感じてしまうと思います。

柔らかい打感が欲しい人はデュアルコイルがいいと思います。

その柔らかさが消え剛性力が増し、打感が硬く感じるXブレードですが、手に響く嫌な硬さではありませんので、そこは試打で確かめて下さい。

XブレードVX-R300をメインで使い続けていますが、正直言うとデュアルコイルでも勝敗に影響がないと思いますw ←対戦相手複数からXブレードの方が嫌だそうです。

ただ、Xブレードの方が弾き感が増すので、ホールド感がより多いデュアルコイルの方が個人的には打ってて気持ちが良いですね。

まあ新製品の方が良いというのはイメージだけなのかも知れません。

ただ、Xブレードの方を使う理由はセプトングリップだからなんですよね。

持病のテニス肘再発がありません。

そういう意味ではデュアルコイルSPT300は自分の理想のラケットと言えるんだと思います。

カルネオ→BEAM-OSは別物シリーズです(より飛ぶ)。

XブレードVX→Viも別物シリーズです(より飛ばない)。

デュアルコイル300→デュアルコイルSPT300→XブレードVX-R300→Vi-R300が同系統です。

ピュアドライブもいいですけど、ブリジストンの中厚ラケットは日本人に合うように設計されました。

より打ち易く感じると思いますので、ぜひ一度は試打してみて下さい。

自然体でフルスイングして勝手にコートに収まるラケットがどんなものかw

打てば良さがわかります!

P.S 後日、相手してもらったパートナーからアドバイスが。。。
「エックスブレードVX-R300の方が球の切れと重さがあるよ。」
自分では気持ちよく打ててるからデュアルコイルの方が良いなと思うんだけど?
わからないものですね。
打感がいいのと、球威は比例しないようですw
VX-R300の方が弾きがいいから伸びも出てるんでしょうね。
パートナーにラケット選びの意見を聞くのは必須です。
そうなると次期ラケ本命はVI-R300です。
試打なし購入確定だなw

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集
-  |  次の10件 »
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます